レオン~タマーレスレストラン 「エル・タマリ―ト」に行ってみてちょ♪

タマリト.jpg


メキシコ友が、レオンに、お店を出したので紹介いたします。
(もう半年たってます)

ず~っと日本のお弁当を提供したいと言っていたので、お弁当屋さんでも始めるのかと思っていたら.....






伝統的なごりごりのメキシコ料理レストラン。

それも、タマール専門店です。
(おいしいタマールを提供したくて始めた)

WSGY2518.jpg


タマール(複数形だとタマーレス)は、トウモロコシの粉で出来ているメキシコの伝統的な食べ物。
(メキシコ版チマキのような軽食)

今では、味の種類が豊富です。
(選び放題)

昔は、辛いのと甘いのぐらいしかなかったと思います。

DMBP7389.jpg


日本人がお家で食べているものを提供したいと、言っていたのに....

意外な展開に驚きです。


住所 15 de Septiembre 109-B, Centro, 37000 León, Gto.
+52 3915151
営業時間 火曜から土曜 8時00分~21時00分
日曜日 8時00分~14時00分
月曜日 定休日
エスピアトリオ教会の近く(Templo Expiatorio del Sagrado Corazon de Jesus)

HUEV7971.JPG

タマール1個13ペソからとリーズナブル!
(本日メキシコ1ペソは、5.7803838 円)







オーナーは、日系メキシコ人なので、日本人ウエルカムです。

日本人のお客様サービスを検討中で~す。

お近くにいらっしゃったら、是非立ち寄ってあげてくださいね~♪(p・▽< q)

DEPG8887.JPG





コーンハスク 30g -
日本でもタマールの皮(トウモロコシの皮)が手に入る♪





にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)


365日チレス・エン・ノガダ(Chiles en nogada)が食べれる~メキシコシティ最古のレストラン

ホステリア・デ・サント・ドミンゴ.jpg


ソカロ(中央広場)から徒歩10分足らずで行ける場所に、メキシコシティ最古のレストランがあります。

「オステリア・デ・サント・ドミンゴ(Hosteria de Santo Domingo)」は、創業1860年の老舗のレストラン。

157年の美味しい歴史がそこにありま~す!



オステリアサントドミンゴ2.jpg


ここは、もと修道院です。

建物の厚い壁が、修道院だった事を物語っています。

今でも、しっかりした構造で、16世紀のスタイルを維持しています。

オステリアサントドミンゴ.jpg


カラフルな壁やパペルピカド(切り絵の飾り)が、訪問客を、迎えます。

家伝統的でとても絶妙なメキシコ料理を提供している「オステリア・デ・サント・ドミンゴ」。

1860年以来、年間を通じて「チレス・エン・ノガーダ」が、メニューにある珍しいレストランとしても人気です。

時季外れでも「チレス・エン・ノガダ」が食べれるなんてウレシイですね~♪

「チレス・エン・ノガダって、なによ?」って方は、前記事参照してくださいませ。
前記事 今だけっ!○○いメキシコ料理 チレス・エン・ノガダ(Chiles en nogada)

チレス エンノガーダ2.jpg


「オステリア・デ・サント・ドミンゴ」には、16世紀のスタイルのシャンデリアやキャビネットなどのいくつもの貴重品もあります。

作曲家アグスティン・ララのピアノもあるんですよ♪
(「グラナダ 」や「ソラメンテ・ウナ・べス」で有名)

歴史的な建物は、INBA(メキシコ美術研究所)とINAH(メキシコ国立人類学歴史研究所)によって守られています。



オステリア・デ・サント・ドミンゴ公式サイト Hostería de Santo Domingo
メニュー






「オステリア・デ・サント・ドミンゴ」の裏は、治安的にヤバいアレナ・コリセオ(ルチャ・リブレ会場)。

明るいうちに訪れましょ~。゜+。(。ˊᗜˋ。)゜+。





にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

長く愛されている~サン・アンヘル・イン(San Angel Inn)お高いのでも有名レストラン

サンアンヘルイン サンアンヘル.jpg


昔っから、高級レストランといえば、サンアンヘル地区の「サン・アンヘル・イン(San Angel Inn)」。
(メキシコ人が口をそろえて言います。)

創業50年以上のレストランです。

場所は、ディエゴ・リベラとフリーダ・カーロの家博物館(Museo Casa Estudio Diego Rivera y Frida
Kahlo)のすぐ近く。

サン・ハシント広場からは、徒歩で行けちゃいます。
(12分ぐらい)


住所:Diego Rivera 50, Álvaro Obregón, San Ángel Inn






17世紀(1692年)に建設されたここは、もとカルメル会の修道院でした。

1963年、各国料理を専門としたレストランとしてオープン。

メキシコ植民地時代の建築と内装、そして広大な庭園と噴水で有名で~す。


This photo of Restaurante Antiguo San Angel Inn is courtesy of TripAdvisor


メキシコ人からすると、お高め。

日本人から見たら、ちょっとお高めです。

当時から多くの有名がここを訪れています。

San Angel Inn公式サイト♡ここから予約できるよ♪






実は、まだ若かった頃、サン・アンヘルで迷子になってここにたどりついたんです。
(当時は、バスがとにかくわかりづらかった。)

「有名だし、入ってみる?」ってノリで入っちゃいましたよ。

それからは、見栄をはったメキシコ友に連れてきてもらってます。

植民地時代の装飾や庭園がステキです。

古典的なメキシコの雰囲気を楽しめるので、おススメで~す♪(*´∨`*)





にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

かわいい!女子がはしゃぐ!カラフルなメキシコレストラン アシエンダ・デ・コルテス(Hacienda de Cortes)

アシエンダ・デ・コルテス2.jpg


黄色にぬられてしまったラ・コンチータ礼拝堂から、すぐの場所に、

かわいい!!

と、女子が大はしゃぎしそうなレストランがあります。



レストラン アシエンダ・デ・コルテス(Hacienda de Cortes)は、と~ってもカラフルなレストランです。

元はスペインの征服者エルナン・コルテスの厩舎。

メキシコ的ピンク色が魅力的で、かわいいさを強調してます。

女子はこういうのに弱いですよね~。

はしゃいでしまいそうです。

内装は、きれいなコロニアル様式。

手入れが行き届いたかわいいお庭に、心奪われます♡

みてみて♡ここをクリックすると店内♡↓↓
店内画像がステキすぎ!!アシエンダ・デ・コルテス

haciendadecortes.jpg








おくさん!

お高そうなレストランですよね~。

しかし、中に入ってからびっくりします。

なんて、お手頃価格!

この雰囲気での食事は、得した気分です♪

料理は、軽食から伝統的なメキシコ料理まで。

あまりにも美しいので、映画やドラマの撮影で使われてるとかで、メキシコ的なかわいい色使いは大人気です。

お手頃価格メニュー(スペイン語)アシエンダ・デ・コルテス

中には、レストランの他にも、民芸品のコーナーも。

アシエンダ・デ・コルテス3.jpg


ここでも、メキシコ魔法にかかっちゃってください。

近くを通られたら、中を覗いてくださいね~。(*´∨`*)入るだけでもOK!





にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

美味しそう! メキシコ虫料理レストラン ラ・コシニータ・デ・サン・フアン(La Cocinita de San Juan)

無題.jpg


メキシコの市場では、虫が食用で売られています。

そのうち、食糧危機で私たちも虫を食べる日がくるのでしょうか?

ここから先は、虫嫌いさんは、見ちゃダメ!!



この動画で紹介されている虫料理レストランをはじめたペドロさんのお店。

サン・フアン市場の近くにあります。



サソリの料理.

ん~♪

おいしそう!


This photo of La Cocinita de San Juan is courtesy of TripAdvisor


アリさんの姿もみえます。


This photo of La Cocinita de San Juan is courtesy of TripAdvisor


高級なアリさんの卵が山盛りです。


This photo of La Cocinita de San Juan is courtesy of TripAdvisor


ラ・コシニータ・デ・サン・フアン ホームページ






食べたいけど、高くてあまり食べれない虫料理。

特に、アリの卵は、メキシコ人の誰もが絶品といいます。

メキシコ来たら、お試しあれ~♪。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜






にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

創業70年の伝統の味 レストラン エンリケ(Enrique)さん~芋虫料理もあるよ♪ 

レストラン エンリケ.jpg


メキシコ人おすすめのレストラン

オリンピックスタジアムとアステカスタジアムの間、クイクイルコ遺跡から南へ行ったところにエンリケさんというレストランがあります。

メトロバスのフエンテス・ブロタンテス(Fuentes Brotantes)の停留所を降りて、インスルヘンテス通りを南に徒歩5分の場所です。

メキシコシティの人なら知っている伝統的な料理を提供する老舗のレストランです。

(実は、隣のレストランも創業70年ちょいなんだけど、こっちがおススメ)


住所:Insurgentes Sur 4061、Tlalpan Centro, Sta Ursula Xitla、Ciudad de Mexico
営業時間:8時00分~20時00分

特別な日の食事

エンリケさんは、メキシコ人には、そこそこのお値段なので、お祝いなど特別な日に使うようです。

日本人もツアーでここに来るらしく、ボーイさんはとてもフレンドリー。

気取らない雰囲気は、居心地いいです。

店内の装飾は、昔のメキシコ植民地時代。

エンリケ.jpg


ワープしたような雰囲気の中、マリアッチのライブが楽しめます。

(ショー込み価格なら安い)

夕方は、いつでも混んでいるので予約を入れた方がいいです。

伝統的な芋虫の料理もあるので、お試しを~♪







Esta foto de Restaurante Enrique es cortesía de TripAdvisor


Avenida Insurgentes Sur 4061 | Colonia Tlalpan Centro, Mexico DF, 14000, México
レストランエンリケ ホームページ

エンリケさんは、メキシコシティ中心部からちょっと遠いかもしれませんが、昔ながらのメキシコ料理とコロニアルな雰囲気がとてもいいです。

訪れてみる価値あり!(・ω・)ノ 絶対におすすめ!

メキシコタイルで装飾されたおトイレもかわいいで~す。





にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

チレス・エン・ノガダが美味しい店ってどこ?メキシコシティ

チレスエンノガーダ.jpg


きれいなメキシコカラーの「チレス・エン・ノガダ」(Ciles en nogada)♡

メキシコ独立記念日のお祝いの伝統的な料理です。

肉や果物が詰まった巨大ピーマンみたいな唐辛子に、甘いクリームソースがかかっています。

はじめて口にした時、

二度と食べるものか!

と、思ったくらいまずかったんです....

なんと!

「チレス・エン・ノガダ」は、レストランによって味が全然ちがうんです~。

アタリ、ハズレがあります。

今では「チレス・エン・ノガダ」は、大好きなメキシコ料理のひとつです♡






「チレス・エン・ノガダ」が、おいしいレストランは、どこ?

Azul(アスール)


This photo of Azul Historico is courtesy of TripAdvisor




本物の「チレス・エン・ノガダ」をたべるならここ

ソカロ(中央広場)から5分と近く、メキシコシティには他に2店舗あります。

アクセスの良い雰囲気のいいレストランです。

「チレス・エン・ノガダ」は、甘い、塩辛い、または両方の組み合わせをチョイスできます。

アスール ホームページ




Nicos(ニコス)


This photo of Nicos Mexico is courtesy of TripAdvisor




とてもクラッシックなレストランです。

「チレス・エン・ノガダ」のクルミソースがかかったチリは最高です。

クルミソースは、甘すぎず、強い風味豊かな味を持っています。

8月と9月いっぱいまで提供。

ニコス ホームページ




El Balcón del Zócalo(エル・バルコン・デル・ソカロ)


Esta foto de El Balcón del Zócalo es cortesía de TripAdvisor




クルミ、シェリー酒とチーズの風味が特徴のソースです。

ソカロの景色を楽しみながら、美しい「チレス・エン・ノガダ」を、食べることができる最高のレストラン。

エル・バルコン・デル・ソカロ ホームページ




El Cardenal (エル・カルデナル)


This photo of Restaurante El Cardenal is courtesy of TripAdvisor




アクセスが、抜群。

ソカロから徒歩4分。

オリジナルのおいしいクルミソースが味わえます。

8月、9月と10月上旬まで「チレス・エン・ノガダ」は提供されます。




Paris 16 Cafe(パリス 16 カフェ)

チレス エンノガーダ.jpg




こじんまりとしたレストランですが、人気があります。

ここのクルミのソースはいずれも甘すぎず、ちょうどいい辛さです。

味のバランスが完璧だと評判です。




この時期は、どこのレストランでも、「チレス・エン・ノガダ」押しです。

作るのに手間がかかったりと、日本では、口にすることは難しいと思います。

一度、この不思議な伝統料理を味わってみませんか~♪

「チレス・エン・ノガダ」を目指して、メヒコへ急げ~!(๑˃̵ᴗ˂̵)و





にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

ホッとする~ メキシコで焼肉 ナデフォ(Nadefo)さん

韓国料理店2.jpg


メキシコ料理にあきた!

「アンヘル(革命記念碑)」の近くには、韓国料理店や韓国食材店が多いです。

メキシコ料理にあきたら、日本人にも人気の韓国料理店ナデフォ(Nadefo)さんへGO!



メニューは、写真付き~♪

韓国料理店3.jpg


日本の焼肉屋でたべているのと変わりません。

韓国料理店.jpg


石焼きビビンバも、おいしいです。

焼肉店.jpg


メキシコで、なんだか落ち着く韓国料理。

メキシコに疲れたら、いかがですか?

ホッとしますよ。(๑´ㅂ`๑)





にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

とりあえずメキシコだしポソレ その2 ラ・カサ・デ・トニョ(La Casa de Toño)

カサデトニョ2.jpg


メキシコ風味のポソレは、いかがですか~?

いつでも賑わっている「ラ・カサ・デ・トニョ(La Casa de Toño)」。

伝統の味と価格で人気です。






1983年創業

「ラ・カサ・デ・トーニョ」のポソーレは美味しい!

安いっ!

ものすごくボリュームがある!

メキシコ人も、べた褒めです。

メニューが、悩むほど多くないので、選びやすく助かります。

ファミリーレストランのようにバリエーションがないからこそメキシコ伝統の味が味わえるようです。

メニュー

「ラ・カサ・デ・トーニョ」は、メキシコ市と首都圏に20店舗。

店舗
ラ・カサ・デ・トニョ(La Casa de Toño)ホームページ

一番わかりやすい店舗が、インスルヘンテス民芸市場(Mercado de Artesanias Insurgentes)のすぐ近く。

市場で、お土産を買った帰り道、お食事にいいですね~。



ついてくるトルティージャのトーストには、サワークリームをたっぷり塗って食べるのがメキシコ流!

チチャロン、アボカド、ライムにチリ、野菜等、ポソーレにぶっこんでめしあがれ~!

カサデトニョ.jpg


ブエノ(良い)、ボニート(きれい)、バラート(安い)のBが三つ揃った「ラ・カサ・デ・トニョ」は、おすすめですよ~。

多くて、食べきれないときは、お持ち帰りです!(ノ≧ڡ≦)





にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

とりあえずメキシコだしポソレ その1 ポソレ専門店ポソルカリ(Potzollcalli)

ポッソルカリ2.jpg


庶民の味、ポソレ

ポソレ(pozole)は、大粒コーンがゴロゴロ入った具だくさんスープです。

ポソルカリ4.jpg


メキシコのガイドブックにも紹介されている、誰もが知っている「ポソルカリ(Potzollcalli)」に、ポソレを食べにいきましょう♪

「ポソルカリ」は、1972年創業の昔ながらのチェーンレストランです。



メキシコシティ歴史地区店は、シンコ・デ・マヨ通りに位置します。

ソカロ(中央広場)から行く場合、「カフェ・エル・ポプラール」を過ぎ、次のブロック左手、「セラジャ菓子店」の隣です。

チェーン店なのでいくつか店舗があります。

店舗は、ここで確認です↓
ポソルカリ店舗

店の名は、ナワトル語で、「ポソレのおいしい家」という意味。

お値段もリーズナブル!

種類も豊富です。

メニューはここ!
POTZOLLCALLI - Home



大昔「ポソルカリ」に、毎日通っていた時期がありまして、今のようにメニューのバリエーションもなく、ポソレの味の種類も少なかったんです。

時代に合わせて、変わっていくんですね~。

伝統的なポソレの味は、どこへ行ってしまったのだ?

と言うメキシコ人もいますが....

ポソルカリ3.jpg


日本では、メキシコ料理でポソレを思い浮かべる人は少ないと思います。

一般的に、ポソレはタコスより注文する率が高いとおもわれます。

メキシコ行ったら、タコスもいいけど、ポソレもお忘れなく~♪

メキシコを代表する料理としておススメです。

(この店のロゴが入った食器ほしいで~す。)٩(๑´3`๑)۶ 





にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

メキシコシティ 地元っこに人気!安くておいしい!「カフェ・エル・ポプラール(Cafe El Popular)」

カフェ・エル・ポプラール.jpg


メキシコシティ歴史地区で最も伝統的なカフェレストラン

「カフェ・エル・ポプラール(Cafe El Popular)」は、ソカロ(中央広場)の北、シンコ・デ・マヨ(5 de Mayo)通りに入り、1ブロック行った場所に位置します。

1948年創業の地元っこに大人気のカフェレストランです。



24時間営業!

人気の理由は、常にお店があいていること。 

そして、提供されるものがすべて、リーズナブルで、おいしいからです。

メキシコの伝統的な料理がメニューに並びます。

モレ.jpg


好みのコーヒーの量にしてくれる

カフェ・コン・レチェ(cafe con leche)とメキシコの甘いパンが人気です。

カフェ・コン・レチェは、コーヒーミルク。

目の前で、入れてくれるのですが、コーヒーの分量を聞かれるので、ちょい緊張です。

コーヒーの分量を、伝えるとコーヒーを入れた後に、ドボドボとミルクを注いでくれま~す。

カフェポプラール.jpg

  
いつでも出来立てのパンは、種類が豊富。

どれにするか迷ってしまいますよ~♪


This photo of Cafe El Popular is courtesy of TripAdvisor

地元っこおススメのカフェレストラン「カフェ・エル・ポプラール」。

訪れてみては、いかがですか~♪(ノ≧ڡ≦)






にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

100年前にタイムスリップ♪ カフェ・デ・タクバ(Cafe de Tacuba)

カフェデタクバ.jpg


1912年創業メキシコシティで有名な老舗レストラン。

「カフェ・デ・タクバ」は、ソカロ(中央広場)から徒歩で7分もあれば、たどり着ける場所にあります。

ここは、市内中心部なので、観光客が多くわりと安全に歩けま~す。

タクバ通りを目指して行けば大丈夫です!


営業時間:月曜日から日曜日 8〜23時



歴史地区の最も伝統的なダイニングレストランの一つ。

オープンしてからほぼ一世紀になる「カフェ・デ・タクバ」。

メニューにはクラッシックなメキシコ料理がならびます。

Cafe de Tacubaホームページ (メニューもここ)

エンチラーダ、モレポブラノ、卵料理に、メキシコ人おなじみの甘いパンそしてホットチョコレート。

いつでも混んでいて、評判のレストランです。

メキシコ人から愛され、メキシコ人自慢のレストランです。

観光で、メキシコシティを訪れるならぜひ、立ち寄ってくださいね~!

カフェデタクバ.bmp


1912年以来、美しさも楽しめる場所。

伝統的なメキシコ料理、おいしいコーヒーやマフィンに加えて、歴史ある美術品や美しい建築。

まるで博物館で食事をしているようです。

時間によっては、マリアッチの演奏がランチを盛り上げます。

店内の素晴らしい装飾が、あなたを迎えま~す。

カフェデタクバ2.bmp


ホント、いつでも混んでいるので、前もって予約するか、メキシコ人の食べない時間に訪れることをおすすめします。

メキシコ人の食事時間を外せば、余裕で入店できます。





 
暇こく、カフェ・タクバの従業員。(昼12時)タクシーから盗撮!
カフェデタクバ2.jpg


中流階級のメキシコ人にとっては、ちょ~っとお高いレストランなのですが、日本人には余裕価格です。

お料理の味は、とても上品!

楽しい贅沢な時間をお過ごしくださいませ~♪

(ง ˙ω˙)ว いってらっしゃい!






にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

女子満足♪メキシコピンクのロス・コロリネス(Los colorines) 引き続きテポストラン

ロスコロリネス2.jpg


「テポストラン」のメインストリートに、女子が好みそうな「ロス・コロリネス」という可愛いレストランがあります。


Los Colorines
Del Tepozteco #13 (De la Cumbre, Barrio de la Santísima Trinidad)62520 Tepoztlán, Morelos
México

「ロス・コロリネス」(los colorines)とは、赤い豆。

メキシコのお守りにもよくお目見えする、縁起が良い幸福のお豆です。

民芸品のアクセサリーにも使われています。

10ロスコロリネス.jpg


猛毒がある東南アジアのトウアズキに似ていますが、ロス・コロリネス(ワイルーロ)には、毒がないので安心してください♪

ロスコロリネス5.jpg


家の壁もピンクにしたい!

パペルピカド(papelpicado 切り絵細工)を飾りたい!

ハリート(メキシコ独自のマグカップ)で、壁中埋め尽くしたい!

メキシコのインテリアに女子は萌えま~す♪

カラフルで印象的な装飾が施された店内に、テンションあがります!

ロスコロリネス8.jpg







どこを、見てもカラフル!

明るい色の活気に満ちたピンク!

このメキシコ的色使いは、元気がでます!

女子でなくとも、目をうばわれます。

美しく大きなオープンキッチンには、メキシコならの大きな陶器の鍋が、並んでます。

ロスコロリーネス.jpg


「ロス・コロリネス」では、本格的な伝統的のメキシコ料理が味わえます。

特にトルティジャの元となるマサがおいしさの秘訣!

魔法の町の味です。

ロスコロリネス10.jpg


観光客に人気のレストランなので、いつでもにぎわってます。

お値段は、テポストランにしては、ちょっと高価ですが、日本人にとってはリーズナブル!

13ロスコロリネス.jpg


テポストランでの食事は、「ロス・コロリネス」で、決まりです!

ピンクのレストランに惚れてしまいますよ~♪◝(・ω・)◟





にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)