知ってる? 日本じゃあまり知られていない~メキシコの人気者 サン・フダス・タデオ(San Judas Tadeo)さま♡

16 " Inch Statue Estatua San Judas Tadeo Saint St Jude Santo Catholic


この人誰?

キリスト様を刻んだ大~きなメダイを首にかけ、手には杖。

そして、頭の上にはちっちゃな信仰の炎。

かわいらしく燃えているのがちょっと気になります~。

このお方は、メキシコでよく見かけるのですが、日本であまり知られていないと思います。

いったいこの方は、どなたなのでしょう?



このお方は、新約聖書に現れるイエス・キリストの十二使徒(12名の弟子)のひとり。

サン・フダス・タデオ(聖フダス・タデオ)様とおっしゃいま~す。

サン・フダス・タデオは、ヤコブの兄弟であり新約聖書の「ユダの手紙」の筆者です。

そして、絶望した人や敗北者の守護聖人です。

聖書では、タダイとして出てきます。

彼は、メキシコでは、グアダルーペの聖母と並ぶ人気のある聖人の一人なんです~。

レオナルド・ダ・ヴィンチ  最後の晩餐 Leonardo Da Vinci: Ultima Cena アートポスター


困難や苦しいときにすがれる聖人

メキシコで、サン・フダス・タデオは、困難な時に恩恵を受けられる神様だと信じられています。

その不可能を可能にするといわれている彼を祀る教会が、アラメダ公園からもみえる場所にあります。

地下鉄だったらイダルゴ駅。

サン・イポリト寺院(Iglesia de San Hipólito)が、彼の聖地になります。



サン・イポリト寺院はメキシコシティで最も古く、最も興味深い教会の1つです。

ここは、エルナン・コルテスが、テノチティトラン(アステカの首都)の征服(1521年8月13日)を記念して設立された教会なんです。

1950年には、サン・イポリト教会にサン・フダス・タデオの礼拝堂が設置されました。

その頃から、サン・フダス・タデオに救いを求める信者たちに奇跡がおこり、1982年にはメインの祭壇に移されました。

それ以来サン・イポリト教会は、彼の聖域に!

毎月28日には、サン・イポリト教会に何百人もの熱心な信者が集まります。

特にサン・フダス・タデオの生誕日(聖人の場合死亡した日)の10月28日には、なん百万人もの信者がメキシコ中から集まってくるので、大混雑になります。

たくさんの信者がサン・フダス・タデオの像を抱え、彼の代表的な色である白と緑のローブを着ている人もみられます。

現在、この多くの信者が恩恵を求め集まるこの日が、メキシコシティでとても重要な宗教的伝統の一つとして定着しています。



絶望に最も耳を傾ける聖人サン・フダス・タデオさんは、とても頼りになるお方です。

希望が失われ、人生が困難な状況に直面する人には、とてもありがたいです。

メキシコでみかけたら、手に入れたくなるかもしれませんね~。(*>▽<*)



にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)


メキシコ版ロビンフッド ヘスス・マルベルデ(Jesus Malverde)って....誰っ? シナロア

Jesus Malverde Estatua Jesus Malverde Statue Sitting Jesus Catholic Statue ( 10インチ) 5 Inch


メキシコでたまに見かける髭のおっちゃん。

このおっちゃんは、誰なのか....



ただの髭のおっちゃんだと思ったら大間違い!

この髭のおっちゃんは、ヘスス・マルベルデ(Jesus Malverde)というお方です。

メキシコ北西部で1世紀以上にわたって崇拝されいる聖人でございます~。

言い伝えによると、彼はメキシコ版のロビン・フッドで、1909年処刑されるまで、お金持ちから奪ったものを貧しい人に与えていました。

マルベルデは、麻薬組織の守護聖人としても知られています。



ヘススマルベルデの礼拝堂

彼の礼拝堂は、メキシコのシナロア州にあるクリアカンという場所にあります。

1909年5月3日に絞首刑にされたのですが、盗賊だったため埋葬することを禁じられ、罰として遺体は木から吊るされたままでした。

やがて彼の遺体は地面に落ち、地元の人々は彼に少しずつ石を投げ覆いました。

その石が積み上げられ塚のようになり、人々が感謝の祈りを捧げたということです。

そののち、マルベルデの奇跡が始まります。



マルベルデは、麻薬の守護神として知られていますが、 彼のもとの物語は麻薬組織とは関係がありません。

しかし、あらゆるレベルの麻薬密売人(麻薬組織の大物たちも)が、身を守るためにマルベルデの奇跡を求めて礼拝堂に訪れたため、その人気が広がったようです。



今年はマルベルデが亡くなってから110周年目

毎年5月に、国のさまざまな州から信者が敬意を表し集まります。

マルベルデは、メキシコのシナロア州で生まれ、39歳でお亡くなりになったということですが...

現実にいた人物なのかは、いまだに謎なんです。

誰も彼の本当の顔を知りません。

当時の彼の肖像画がなかったために、メキシコの今は亡き俳優ペドロ・インファンテとホルヘ・ネグレーテを合わせてつくりあげられている顔なんです。

メキシコ人の好む、いい男を選んでます~。




シナロアで一番人気のマルベルデ。

信者らは、つらい状況からマルベルデが救ってくれたと、褒め称えます。

あなたは、謎の髭のおっちゃんが、天使のようなお方に見えてきましたか~?(・ω・)ノ

★なんでも叶えちゃう!愛され~死の聖人 サンタ・ムエルテ(Santa Muerte)★








にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

なんでも叶えちゃう!愛され~死の聖人 サンタ・ムエルテ(Santa Muerte)

IMG_9449.JPG


サンタ・ムエルテって、ご存じ?

その姿は、まさに死神様。

手には、大きな鎌、水晶、砂時計、時にはランプを持ち、足元にはフクロウさん。

恐ろしい姿なのですが、サンタ・ムエルテを崇拝する信者は近年爆発的に増えてます。

IMG_0025.JPG


サンタ・ムエルテ信者は、特にメキシコを中心に、アメリカ、中米に推定1000万から2000万人いるといわれてます。

敬意を払いサンティシマ・ムエルテ(Santísima Muerte)と呼ばれることが一般的です。

「サンティシマ(Santísima)」は、スペイン語「サンタ(santa)」の絶対最上級。

すげ~聖人って感じです。

そのほかラ・フラカ(La flaca)、ラ・ニーニャ(La niña)、ラ・ブランカ (La blanca)、 アンヘル・デ・ラ・ムエルテ(Ángel de la muerte )などとも呼ばれてます。

IMG_0024.JPG


彼らの祈りはカトリック教徒の祈りと似ているのですが、非カトリックとされています。

カトリック教での聖人らは、過去生きていた人々。

(サンタ・ムエルテは、生きていた証拠がない)

しかし、サンタ・ムエルテ信者兼カトリック信者もいるので、メキシコ的ごちゃまぜな状態があるのも事実です。

ミクトランシワトル(Mictecacihuatl).jpg


サンタムエルテの起源

サンタ・ムエルテがどこで生まれたのかは、明確ではありませ~ん。

60年代に、ベラクルス州のカテマコ(Catemaco)という場所で、地元の人が小屋の板に描かれたサンタ・ムエルテの姿を見たことが、人伝いに広がった説。

アステカの死の女神ミクトランシワトル(Mictecacihuatl)がサンタ・ムエルテに似ていることから信仰のルーツは、ヒスパニック以前の時代から説。

そして、ガイコツだらけの「死の日」も、関係するようです。

メキシコでは、死は不吉なものとして見られてません。

メキシコ人は死を人生で否定できないもの、自然の法則、そして受け入れなければならないものと見なしています。






80年代には、サンタ・ムエルテは、麻薬密売人、復讐殺害やら犯罪の守護神として注目を集め始めました。

しかし、多くのサンタ・ムエルテ信者は、犯罪とはほとんど関係のない人々で、非常に信心深く他のカトリック聖徒と変わらないようです。

サンタ・ムエルテは、あらゆる望みを受け入れ、恩恵を与えるので、庶民に愛されています。

誰でも、生きている限り、死は訪れます。

死はすべての人にとって公平で平等なことだからです。

IMG_0032.JPG


サンタ・ムエルテのカラーの意味

白色 
サンタ・ムエルテの一般的な色。
幸福と純粋さを象徴しています。
負のエネルギーや悪霊を払う。

アイボリー(骨の色)
白と同様、平和、調和そして成功を導きます。

赤色
血の色。
愛情を表しています。
良い縁を結ぶ。

青色
知恵の色。
仕事の成功と人間関係をよくする。

黄色
財運。
問題に対する解決方法を見つける。
エネルギー。

金色
金運。
ビジネスや家庭で経済的な豊かさを得られる。

琥珀色
病気平癒。
健康に導く。

緑色
法と正義の問題に対する理想的な解決策を見出す。
公平に解決される。

コーヒー色
災難から守られる。

黒色
善と悪のバランスを表しています。
よいことも悪いことも受ける最も強力な色。

紫色
不幸からの脱出。
精神的能力が目覚める。

紫色
不幸から救われる。






サンタ・ムエルテは、どんな人にも差別なく平等に願いを受け入れてくれます。

犯罪が増加するメキシコ。

そうした不安からもサンタ・ムエルテ信仰は広がっているようです。

(警察、政治家の間でも~)

サンタ・ムエルテは、好きじゃないというメキシコ友もいるのですが、毎日、サンタ・ムエルテに話しかける筆者は常に平和でございま~す。(o´▽`o)ゞ



★「魔女市場」で幸運つかんじゃう!?あやし~いメキシコ ソノラ市場(Mercado Sonora)






にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

ユカタンの生きた宝石「マケチ」がかわいすぎる♡ メキシコ

マケチ.JPG


メキシコのユカタンには、女子が好きそうなちょっと変わったお土産があります。

キラキラしていて、ブローチとして胸に付けることができる生きた宝石。

そのお土産は、マケチ( Maquech)と呼ばれる昆虫です。



マケチは、甲虫類の一種で、マヤ甲虫とも呼ばれています。

甲羅がかたいので、傷つけることなく装飾ができるようです。

先住民の作る工芸品としてマヤ時代から人気があったと言われています。

マケチの入ったプラスチック製のちいさな入れ物には、木片が入れられていて、水だけあたえます。

外に一緒にお出かけもできるのが人気の理由です。






マケチには、悲しい伝説があります。

婚約者のいるマヤのお姫様が、ある若者と恋に落ちました。
2人は、永遠の愛を神様に誓いました。
しかし、お姫様の父は、その恋を知り、若者を殺すため生贄にしようとしました。
お姫様は彼を救うために、二度と彼とは会わないと父と約束。
毎日泣くお姫様。
気の毒に思ったシャーマンは、若者を最高の宝石が散りばめられマケチの姿にかえました。
若者は、ブローチとして、永遠に彼女の心のそばにいましたとさ。
おしまい


マケチはメキシコの歴史、特にユカタン地域での文化や伝統の一部です。

しかし、現在は消滅の危険にさらされているようです。









筆者がまだ20才だった頃(何十年前だよっ!)、ユカタン出身のお友達からお土産にマケチを、もらった事がありました。

「キラキラしてカワイイ!」

と、その時は、大のお気に入りでよく外へ連れて出かけてました。

胸の上を、歩き回るのが、とってもキュート♡

ちっちゃな入れ物にいれたまま水だけあげてれば良いと言われていたのですが、部屋の植木に長く糸をつけて可愛がっていたことがあります。

実は、2年間も生きていました。

水だけだと長生きしないらしいです。

ウンチもしないといわれていましたが、ウンチしてました。

筆者は、虫がキライなのですがこのコは大丈夫。

虫嫌いさんでも、好きになっちゃうマケチ。

メキシコであえたらいいですね。( ^-^)ノ

植物防疫所【生きた昆虫類を輸入される方へ】






にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

バレンタインデーはちかい♡ 愛は買えるもの 魔女市場~メキシコシティ

愛はソノラ.jpg


ほしい愛が手に入る?

メキシコシティ東にあるソノラ市場には、いつも驚くべきものがあります。

人がゴチャゴチャ行きかう市場の通路は、魔法ゾーンへつながる道。

たどり着いたそこには、あやしいオイルやら、魔術的なものが手に入ります。

ソノラ市場.jpg


ソノラ市場の魔法ゾーンは2月に大変人気がありま~す。

そう、バレンタインデーですね。

愛を勝ち取るための呪文や関連グッズを求める人が多いからです。

(メキシコの場合、恋人、家族、友達の愛がいっぱいの日)

★前記事【「魔女市場」で幸運つかんじゃう!?あやし~いメキシコ ソノラ市場(Mercado Sonora)】


住所:Av. Fray Servando Teresa de Mier 419, Venustiano Carranza, Merced Balbuena, 15800 Ciudad de México, D.F.
地下鉄 メルセー駅から徒歩5分






恋人に恵まれてますか?

あなたはハッピーですか~?

ソノラ市場には、本当の解決策があると言われてます。

愛を探しているなら、ソノラ市場へ行くのが近道のようです。

あなたを後押しする為に、お守り、オイル、ロウソク、石鹸などの魔法グッズが、応援してくれます。

(魔法を信じます?)

ソノラ市場マップ




メキシコ人の 72% は、科学よりもお守り、儀式、神を信じています。

年初めには、ここで、幸運のハーブとキャンドルがよく購入されています。

時間のむだもなく、数十ペソで大切なものを手に入れられたらとってもラッキーですよね。

まだ、見つからない愛が、ソノラ市場でみつかりますよ♡(o’v`b)

★前記事【今年もお願い~頼もしい~メキシコのお守り♡ソノラ市場】

※麻薬カルテルの支配下であろうが、大好きなソノラ市場をひつこく書く筆者をお許しください。






にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

メキシコでちょいちょい見かける~変てこな悪魔ちゃん(ディアブロ)

IMG_4318.JPG


メキシコのお土産屋さんで、ちょいちょい見かける悪魔ちゃん。

ディアブロ(diablo)と言います。

(他にもLuzbel, Satanás, Demonio, Lucifer, Belcebú などなど呼ばれてる)

ヘタウマだったり、グロテスクだったり、笑っちゃうようなモノまで。

と~ってもユニークです。






メキシコの悪魔の起源

さて、いつどこからこの悪魔がメキシコに現れたのでしょう?

el-diablo.jpg
わははっ


メキシコでは、スペインの植民地時代があった為(せいで~)、宗教的信念が混在しています。

(主に植民地時代以前の宗教とカトリック教)

神やら聖人、悪いはずの物も混ざっちゃっているんですね~。

悪魔をまるで神様のように崇拝するグループもあったりします。

特に、悪魔のモチーフで有名なのがミチョアカン州の伝統的な工芸品です。

いたずらなその悪魔たちを、はじめて粘土で作った場所と言われています。

この伝統的な芸術表現の起源はいくつかあり、一般的には神話や伝統がヒントになって人々は悪魔を作り始めたようです。

悪魔カラベラ.jpg


メキシコの悪魔ちゃんたちは、メキシコ人の想像力の産物だと思います。

私には、どれも不思議な愛くるしい形に見えます。

人によって感じ方が違うのも人気がある理由なのかもしれません。

神話に出てくる人魚や魔女もメキシコで良く用いられるモチーフです。

古い伝統工芸なのに新鮮。

メキシコ人職人の想像力は、無限だと思います。






悪魔たちは、ユーモラスで笑いを誘います。

真似できないのが、ちょっと悔しいメキシコフォークアート。

メキシコのお茶目な悪魔ちゃんたちに会ったら、忘れられないと思いますよ~。 (ノ ´▽`*)ノ

ファンが悪魔をつかまえた―メキシコの民話 (こどものとも世界昔ばなしの旅2)






にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

マリア様が泣いた!メキシコの奇跡~タバスコ州クピルコ教会

マリア.jpg


マリア様が泣いていた!

手が動いた!

と、ちょっとした騒ぎになっているのは、タバスコ州にあるクピルコ教会。

タバスコ.jpg

18世紀後半に建てられた美しいクピルコ教会(Parroquia y Santuario la Asunción de María)


ここは、以前から信者の間で、病気が治るなどの多くの奇跡があったと言われてきた場所です。

今回の奇跡は、メキシコの大地震で起こったことに対する「悲しみ」の兆候だと言われています。



そうよね、マリア様の心は、悲しみでいっぱい!

と言う事でしたが.....

この出来事は、不確実なので、教会の牧師さんらによってフェイクであるとも発表されています。






メキシコは、奇跡だらけです。

メキシコの人達は、こういった奇跡や魔法など確かでないものが大好きです。
(UFO、未確認動物、オバケに幽霊~)

それが、メキシコだと普通なんですね~。

でも、口では、信じていると言いきっても、

「そうあって欲しい。」

の言葉が隠されているように思えます。

わかっていてもそれに感動したり、驚いたり、楽しんでいたり、心の支えにしたり~。

メキシコ的な嘘っぽいモノは、

それでもいいじゃん!

と、思う筆者でございます。(*´ェ`*)子供が信じるサンタクロースに似ているかも~





にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

メキシコの真実は?目があいたり~お話したり~キリスト様の奇跡をもう一度~♪

キリスト様.jpg


メキシコのキリスト像が、目を開けた!?

去年メキシコで、騒がれていたキリスト様の目がひらくという謎が、6月28日「世界の何だコレ! ミステリー3時間SP~世界を騒がせた謎を直撃SP~」で放送されたので、ちょ~っと振り返ってみることにしました♪

キリストの目が~!!!

2016年8月7日に騒がれていたのは、メキシコのコアウィラ州、サルティージョの大聖堂で、礼拝者によって記録された動画です。

目を開いたキリストの像が、こちらを、見ています!
(睨まれている感じ)



これは、とっくに加工された動画だと暴かれています。

安心したい怖がりサンは、これを見れば大丈夫です。↓↓






そして、2014年に、目をさましたのは、ハリスコ州グアダラハラ大聖堂に横たわる人形のような女の子のミイラです。



このビデオを撮影した人は、家族でビデオ鑑賞するまで目を開いた事をで認識していなかったと言います。

ワックス処理を使用されているはずの彼女に何がおきたのでしょう?
(キリスト同様加工されてしまった動画だと思います)




こちらのキリスト様は、なにかお話をしていま~す。

瞬きをするキリスト様です。

この動画は、2015年12月12日、ミチョアカン州モレリアの街を訪れた観光客によって記録されました。



観光客は、動かないキリスト像だと後から知ったようです。

真の奇跡でしょうか?




それから、こちらは、2012年4月6日にベラクルス州コルドバの聖なる金曜に起こった奇跡です。

明らかにキリストの像が目を開いてます。

それも2度です。



その場にいた人々は、誰も気づいていなかったと言います。

2度もサービス満点なキリスト様ですね~♪






目が開く~というと、私のこどもの頃のトラウマ、掛け軸に描かれた首の目が開いた~って事件です。

1976年8月20日に放送された「ルックルックこんにちは」というテレビ番組でその事件は、起きました。

紹介された2枚の生首の掛け軸のうち、左側に映っていた掛け軸の右目が開いたのです。

あれは、やばかったです。

テレビ前の子供(私)には、怖すぎです。
(生放送ですよ~)

未だに、昼間に番組を見ていた時間を思い出しますよ~。

その当時は、簡単に画像を加工できない時代。

虫でもついていたとか、テレビのやらせだったとか、真相がとっても知りたいです。

日本の生首の方が怖いので、メキシコのキリストさんもミイラちゃんも怖くないで~す。(^。^;)よかった、よかった。





にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

2017 メキシコ~今年もUFOが出まくり~いいね~!

メキシコの空.jpg


メキシコでは、今年に入ってもUFOの話題が絶えません。

アナタは、UFOを見たことがありますか~?






ティファナは、凄かった!!

1月27日のメキシコの国境にある町ティファナでは、7つ以上のUFOらしき物体が、空にブンブン飛んでいました。

このUFOを見る人たちで、車は渋滞。

(車のクラクション鳴らし過ぎなんですけど~日常です)





一度にこんなにたくさんみてみたいわ~♪

ただ、雲の中をブンブン飛んでいる無数の発光体には、疑問が....

雲が、怪しいんです~。

地上のどこかで、何者かが放っている光が雲に反射して見えているような気もします。

そして、こちらはメキシコでのライブストリーミングに写ってしまった発光体↓



遠くから大きな光が移動してきます。

宇宙的な感じが、UFOです♪

それから、1月11日にメキシコシティのトラテロルコで撮られたのがこれ↓



なんだかわからない物体が、最後に形を変えて消えていきました。

他に発光体も写ってます。

しかし、なぜメキシコばかりなんでしょうね~。

メキシコでは、信じている人が多いからかもしれません。

なんでも楽しんでしまうメキシコ人の国民性は、幸せ度が高くていいと思います♪
(●´ω`●)♪宇宙人も心を開くメキシコ





にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

生命の樹(El Árbol de la vida)~メキシコの不思議な世界♪

生命の樹.jpg


「生命の樹」を、ご存知ですか?

「生命の樹」は、メキシコ伝統の手工芸のひとつ。

陶器で出来ています。

その色の美しさと不思議さに心が奪われそうになりま~す。






原住民が作る「生命の樹」は、メキシコ州のメテペックが有名です。

メテペックの町は、陶器で出来た工芸品があふれています。

(メキシコの陶器を買うならココ!)

「生命の樹」の他に鍋やカップなども多いです~。

お土産用にちっちゃなタイプにも出会えると思いま~す。

eglise-de-metepec-pres.jpg




メキシコの民芸品の中でも、力強く美しく不思議な「生命の樹」。

作品の細工の細かさには、ため息が出ます。

「生命の樹」は、植民地時代に征服者が持ち込んだ宗教を先住民に伝えるために用いられたと言われています。

しかし、今日では、宗教以外のテーマも作られています!

色んなストーリーがギュ~っと詰まっていて、見ていると楽しいですよ♪








「生命の樹」は、と~っても不思議な宇宙のようです。

日本に持って帰りたいと思っちゃうかも♡

陶器なので、重量だけが問題ですよね~。(人ω・*)





にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

今年もお願い~頼もしい~メキシコのお守り♡ ソノラ市場(Mercado Sonora)

お守り2.jpg


自分用のメキシコのお守りが増え続けていま~す。

なんだか、安心。

癒されます。

メキシコのお守りは、兎に角、種類が多くて頼もしいです♡

お守り.jpg


メキシコシティ、ソカロ近くのソノラ市場。

奥~へ入っていくと、おまじないグッズが揃いに揃う魔法のお店がいっぱいです。

ソノラ市場は不思議の中心です。

メキシコのお土産に、ちっちゃなお守りは喜ばれます~♪



はじめは、半信半疑でも、お願いが叶っちゃったりするんですね~♪

(うれしいわ~こわいわ~)

使い終わったお守りは、更に大切にしてあげると、これからも見守ってくれる。

.....らしいです♪






お守りは、小っちゃくてかさばらない。

贈り物にいいですよ~♪

願いは、100%かなう!

そうメキシコ人は豪語します。(*´∀`*)

(ホントにかなっちゃうんだけどね)

前記事【今年もお願い~頼もしい~メキシコのお守り♡】

前記事【「魔女市場」で幸運つかんじゃう!?あやし~いメキシコ ソノラ市場(Mercado Sonora)】

※ソノラ市場などは、安易な気持ちで行かないように~。何かあっても自己責任で。





にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

グアダルーペの聖母の日~はるばる~血だらけ (Día de La Virgen de Guadalupe)

グアダルーペ 3.jpg


メキシコ人は、忙しい

移動中のメキシコ人は、十字を切る回数が多いです。

車の運転をしている時には、さすがに十字を切りませんが、バスなどに乗っていて手があいていれば、教会を見るたびに十字を切ります。

「よく見つけるな....」

アンテナでもついているんじゃないかと思うぐらい、回数が多い。

(小っちゃい頃から習慣づいているんだな)

家を出る時、おまじないのように十字を切るのは、割と好きです。

泥棒に入られる率高いし、せめて神様に守ってもらわないとアカン~って感じがします。






さて、12月12日はメキシコ国民から愛されているグアダルーペの聖母の日(Día de La Virgen de Guadalupe)です。

毎年、多くの巡礼者がグアダルーペ寺院を訪れます。

12月12日の前夜には、有名アーティストが、聖母の前で「ラス・マニャニータス」などを歌います。

私は、今でもキュートなルセーロ(Lucero もう47歳)が好きで~す♡

グアダルーペ寺院の説明は前記事:見たいか~!!「奇跡のマント」メキシコ グアダルーペ寺院( Basílica De Guadalupe)



聖母の日の為の巡礼が始まってます。

遠くの道のりを歩く人もいるんです。

膝行参拝をする巡礼者は、膝が血だらけになっても歩き続けます。

とても痛々しいです。



グアダルーペ寺院までの道は、多くの巡礼者でコミコミです。

12月12日の午前0時にはミサが行われ、多くの人々が参列します。

今年もたくさんの人に奇跡がおこるといいですね。*:・゚\(゚▽゚*)メキシコは魔法の国です




グアダルーペ寺院&世界遺産テオティワカン遺跡ツアー<英語ガイド/メキシコシティ発>

郊外の人気2スポット!世界遺産「テオティワカン遺跡」と聖母の出現で有名な「グアダルーペ寺院」を巡る英語ツアーです。
テオティワカン遺跡では、太陽と月のピラミッドなど主要スポットをご案内。
途中、三文化広場があるトラテラルコ地区へも立ち寄ります。







にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

クリスマスの花~ノチェブエナ(Nochebuena)原産地はメキシコ!そして....



クリスマスソングが流れていますね~。

日本の夜が、ピカピカ賑やかです。

クリスマスツリーやイルミネーションは、もうどこかで見ましたか?






お店には、クリスマスの花ポインセチアが並んでます。

鮮やかな赤が、美しいポインセチア。

この真っ赤花を見ていると、聖なる気分になっちゃいますね。

ポインセチア鉢植えかご付 真っ赤なポインクリスマスフラワー -


ポインセチアは、メキシコが原産の花です。

大きな木にポインセチアが咲いているのを見た事ありますか?

3メートルにもなる種類もあるようで、はじめてメキシコにて、大きなポインセチアを見た時に驚いちゃいました~。

ポインセチアは、ノチェブエナ(Nochebuena)といい、メキシコ人のお庭にあったりします。






ポインセチアは、メキシコの文化の中で非常に重要です。

アステカ時代、ポインセチアは、ナワトル語で「Cuetlaxochitl(クエトゥラソチトゥル)」と呼ばれ、戦いで死んだ戦士の新しい人生を祝うなどの儀式に使われていました。

その赤は、戦士たちの流した血を表してたのですね。

そのほかに、薬としても用いられていたようです。



今の時期は、世界中が美しいポインセチアでいっぱい!

楽しいクリスマス、真っ赤なポインセチアを飾って、もりあがってはいかがですか。

歴史を思うと、ポインセチアがいつもと違って見えるかもしれないで~す。

(@゚ー゚@)ノアステカ人の血の色だよ





にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

いいな~メキシコ!妖精さんがいる魔法の国

ソチミルコ1.jpg


メキシコでは、ちょいちょい妖精(Hada)が、発見されます。

妖精は、メキシコ人にとって、常に魅力的な対象で、話題になります。

大人も不思議な世界を好むんですね~。

魔法の夢を見続けられるミステリアスな国、メキシコ。

空想好きさんには、いいですね~。

日本で妖精が発見されたなんて、聞いたことないですよね。

妖怪なら、いそうですが....


↑あ、妖精?







窓にちょこんと座るメキシコ・シティの妖精さん。



私、見つけてしまったのですが、男性の肩に「オーブ」(小さな水滴の様な光球)が写りこんでます。

「オーブ」が写った人に幸運が訪れるというのは、妖精が来ているからかもしれませんね。

こっちは、かわいくない妖精。

本物か調査中です。



信じる方が、夢がありますね~。

メキシコ人は、偽物だとわかっていても、信じているフリをして楽しんでいるのかもしれないです。

それも、生きていくうえで、賢いかもしれませんね~。

(ラテンらしい思考!)

実は、私、映画「インデペンデンス・デイ」を、見たばかりなんですよ。

妖精じゃなくて、エイリアンなのかな~なんて本気で思ってます♪

あなたもメキシコで、ポケモン妖精に会えたらいいですね~♪

いってらっしゃい!(ノ*'ω'*)ノ彡





にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)

UFO~うじゃうじゃ! 不思議な国 メキシコ!

UFO3.jpg


昨日、気づいたのですが...

何かが、飛んでいる?

UFO1.jpg


去年撮ったメキシコ国際空港付近の写真です。

加工してないです。

UFO2.jpg


ドローン?

風船?

街頭?

よ~く見ても、このプリンみたいなもの、なんだかわかりません。

もしかして.....UFO?

だといいのですが~♪






UFOやUMAのメッカ、オカルトの宝庫メキシコ!

メキシコは、「UFOを信じている国」第一位!

真実味があるものから、絶対に違うだろうってものまで、ニュース番組で報道してます。

特に、ポポカテペトル山(プエブラ州の活火山)の「UFO」らしきもの。

ライブビデオに映ったものが多く見られています。




ここのところは、飽きられてしまったのか、ポポカテペトル山の「UFO」は、騒がれていませ~ん。

プエブラ州で、早朝にみられた強い光がちょっと騒ぎになったぐらいです。

正体は、隕石。

落ちる前に、燃えてしまったようで、なにも被害がなくてよかったです。



この「UFO」が信じられている理由に、古代マヤ文明があります。

遺跡からは、マヤ人が宇宙人とコンタクトを取っていたらしいレリーフがたくさん発見されてま~す。




宇宙船に乗って操縦しているらしいマヤ人のレリーフ、「パレンケの石棺」は、有名ですよね。

(雑誌「ムー」とか読んでましたか~?)

これらは、想像力豊かで、私たちを楽しませてくれます。






宇宙人は、います!

未確認動物(みかくにんどうぶつ)UMAもいるはず。٩(・ε・`)

(でも、人類侵略はやめてー!友好的に~。)

メキシコは、とっ~ても不思議な国です!

アナタも運が良ければ、メキシコで未知との遭遇が、あるかもしれないですね♪
⁽⁽◝( •௰• )◜⁾⁾





にほんブログ村 旅行ブログ メキシコ旅行へ ぐらしあす!(。◕ ∀ ◕。)